FANDOM


3年Z組銀八先生』(さんねんズィーぐみ ぎんぱちせんせい)は、『銀魂』の派生作品。

概要 編集

赤マルジャンプ』で2回掲載され、後に銀八先生単体で大崎知仁によってノベライズされ、単行本7冊が発売されている。また『ジャンプスクエア』でも創刊号から2008年5月号まで小説が連載された。アニメでは不定期で「教えて!銀八先生」として銀八が銀魂本編に関する視聴者からの質問に答えるコーナーがある。また、第4期EDで劇中の風景が写真と云う形で登場し、第16期EDにも卒業式の様子を写す形で登場。アニメDVDシーズン其ノ壱1巻限定版等に付いてきたドラマCDにもオリジナルの話が収録されている。

銀時扮する「銀八先生」が眼鏡、白衣、咥えタバコで教卓に上がるも、どうでもいい話しかしない。アニメでは咥えているのはタバコではなくれろれろキャンディー(ぺろぺろキャンディー)。銀八によると、高速でペロペロしているから煙が出ているらしい。生徒は銀魂の主要登場人物。

小説 編集

大崎知仁著。1巻は全編書き下ろし。2巻以降は増刊号や、『ジャンプスクエア』に掲載されたものに書き下ろしを加えた内容になっている。

特典として1巻には「土方十四郎のしおり」が、2巻には「銀魂高等学校3年Z組生徒証明書」が付属し、生徒手帳を使った親友占いも掲載、3巻以降はラフ画の漫画や『ジャンプスクエア』連載時のイラストアルバム、サブキャラクターが描かれたピンナップが掲載されている。第4巻には、Wii用ソフト『銀魂 万事屋ちゅ〜ぶ ツッコマブル動画』の予約特典ドラマCDを『Vジャンプ』にノベライズして掲載されたものも入っていて、初版限定でコミックス、キャラブックスと連動した三連合体栞の一部分がついている。

1巻がトーハンの2006年度ベストセラー〈新書-ノベルス〉部門では1位を獲得。2007年度ベストセラー〈新書-ノベルス〉部門で2巻が1位を獲得し、1巻も前回に引き続き3位となった。

元ネタ 編集

  • 桜中学シリーズ - 名前のモチーフ。桜中学シリーズは、『1年B組新八先生』『2年B組仙八先生』『3年B組貫八先生』『3年B組金八先生』のように、『●年B組●八先生』というタイトルの付け方となっている。