FANDOM


虎鉄(こてつ)は、『銀魂』に登場する刀。

虎鉄ちゃん 編集

虎鉄ちゃん(こてっちゃん)は、近藤が使っていた名刀。アニメでの名称はこてつちゃん

ローンで購入したという代物である。原作の第三十一訓でからくりとの戦闘中に折れてしまった(この時、まだローンは払い終えていなかった)。一度、お妙の勤める「すまいる」の売上の為に強制的に売却された事もある。

虎鉄Z-II 編集

虎鉄Z-II(こてつゼットセカンド)は。近藤が新しく愛用している虎鉄シリーズの刀で、音楽再生機能は勿論の事、柄の部分に特殊な金具を装着することにより、お部屋掃除のコロコロとしても使用できる大業物。

客観的に見れば菊一文字RX-7にコロコロを付けただけなのだが、それでも価格は菊一文字RX-7の3倍(すなわち長船M-IIの6倍)もする。それに嫉妬・疑問視したのか、沖田が素振りに託けて岩に叩きつけて折ってしまった。が、第六期OPで近藤の腰に未だあったことから、買い直したものと思われる。

元ネタ 編集

  • 虎徹 - 江戸時代の刀工。虎徹の作刀には国の重要文化財に指定された刀をはじめ、文化財に指定されているものが多い。切れ味が鋭く、懐宝剣尺や古今鍛冶備考などの刀剣書には、最上大業物12工[1]にランクインしている。史実の新選組隊士内でも近藤勇の愛刀。
  • こてっちゃん - 名前のモチーフ。焼肉用食品。
  • カワサキ・750RS(通称、Z2) - 名前のモチーフ。

編集

  1. 最上大業物12工は、同じ週刊少年ジャンプ連載の『ONE PIECE』でも刀に関する用語として使われている。