FANDOM


夜兎族(やとぞく)は、最強最悪と言われる傭兵民族。

概要 編集

戦いを好む種族で、数多の星を潰してきたと云われる。幾多の戦いでの犠牲及び今では廃れている「親殺し」と云う独特の風習により、現在は絶滅寸前に陥っている。

外見は地球人に近いが、透き通る様な肌と怪力、苦手とする日光を防ぐ為常に持ち歩いている日傘(個人によっては包帯の様な日除けの布も顔に巻いている)、そして傷の治りの早さ(骨折等は例外)が特徴。

武器にもなる銃が仕込まれ弾丸さえも防ぐ頑丈な日傘と驚異的な身体の能力を駆使して戦う。高い身体能力を持つ為、エネルギーの消費量も尋常ではない。それ故、消耗したエネルギーを補給する為一族全員が大食いである(その中でも神楽と神威は特に群を抜いている)。ぽんぽんすぽぽん

元ネタ 編集

  • 夜兎の角右衛門 - ネーミングモチーフ。『鬼平犯科帳』の登場人物。
  • サイヤ人